バツイチアラサーが本気で婚活してみた

バッリバリの関西人が、離婚後の婚活時代のエピソードを綴っています。少しでも婚活されている方の活力になれればと、思います。よろしくお願い致します。

初めまして。めりのと申します。
婚活時、たくさんのブログにお世話になりました。少しでも婚活している方の励みになれればと、婚活時代のエピソードを綴っています。よろしくお願い致します。

ふしぎ遊戯って懐かしくない?


ぬからはじまるキャラって、パッと思いつかんくて、調べたら




ぬりこよ!ぬりこ!


images

なっつかしいわー♪






「生きてりゃあねえ!! つらいことでもいつか笑って懐かしく話せる時が来るのよ!」





今、思い出したら良いこと言ってるよな。






つらいこと

があってから、もう数年、、、。


今、良い旦那に恵まれ幸せですが、、、






笑って話せることはない。





何年経っても、ばばぁになって、ぼけても、フラッシュバックはあるやろうなと、思います。




心が死んだ出来事やったからね。




やからこそ、今の幸せに感謝しないと、、と、思ってます。



さて、本題の、柳宿さん。



柳宿スペック
年齢:30代前半
年収:400万
職業:会社員


真面目そうな感じだったので、めりのから、いいね!をして、メッセージ開始しました。



男の人からいいね!をもらって、返事した人は本当に少なかったかなぁ。



遠方やったり、一回り以上年齢が離れてたり、そして、チャラそうやったりね、、、。







やりとりした記憶がぶっ飛んでるので、さっそくファーストミーティングの当日です。



いつもの駅やけど、今回は少し離れたところでの待ち合わせでした。


めりの、かなり知り尽くした町やけど、なんでここ?っていうところでした。





歩きながら、LINE確認してると、


男「お姉さん。ちょっといいですか?」





 





無視






この手の呼びかけで良かったことないから、無視、存在認知をしないことが大事よね。





が、

しかし、万が一柳宿さんやったら、、、と、思い、顔を上げました。
 





チャッラーーイ男の人!


ぜんっぜん違う!


そして、24、5歳くらい!



わけーーよ!





こちとら、アラサーですが、


声かける相手間違えてない?




男「一緒にお茶でも~」

と、いう常套句をのべていましたが、



めりの「約束があるので、、、」


と、華麗にかわすが、粘る男。




いやいや、あんたには、若い子がお似合いよ!



そうこうしているうちに、目的地に到着。



あ!



柳宿さんらしき人を発見!



よっしゃ。これで、巻ける!と、思い、珍しくめりのから、声をかけました。



めりの「お待たせしました。」


男「?」


柳宿「?いえいえ。行きましょうか、、、」



と、柳宿の元へ行くと、男もようやく察したのか、ようやく退散しました。





応援していただけると励みになります
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング

帰りの電車にて・・・・




話さない訳にもいかず、ネタをめっちゃ考えながら話した覚えがあります。



めりの「二海堂さんは、最寄り駅どちらでしたっけ?」


二海堂「○○駅ですよ。」


めりの「直線距離なら近そうですねー」


二海堂「そうですね。電車だとちょっと遠回りですね」



そうなのだ。



電車だと、一本で帰れるのに、わざわざ、めりのの沿線を利用して帰るという、謎の行為、、、。




ファーストミーティングが、そんなに盛り上がったわけでもないし、、、




二度と会うことないやろうに、、、。




無難に地元トークをすることにしました。



めりの「○○市の有名な和菓子屋さんご存知ですか?」


二海堂「あそこやろ?知ってますよ。結構行列できてる。」


めりの「お土産とかでいただいたりするんですが、店舗行ったことないんです。」


二海堂「つきたてのあったかいお餅も食べれるから、行ってみてください」


めりの「そうですね。いつかは、必ず行きたいと思います。」



あ。
そろそろ、二海堂の乗り換えの駅です。



二海堂「もしよければ、僕、案内しますよ
ー」

めりの「ありがとうございますー」





あれ?




二海堂「実は、和菓子屋さんから、家めっちゃ近いんです


めりの「へー!じゃあ、毎日食べれますね。」




あれれ?


ジャージ野郎降りようとせーへんぞ!


二海堂「毎日お餅の匂いかぎながら帰ってます(笑)」


(笑)じゃねーよ!

降りーや






電車の扉が開きました。





二海堂「それから・・・」

めりの「二海堂さん。ここで、乗り換えじゃないですか?」


二海堂「え?そうなん?」


え?


めりの「ここで、降りて、△△線に乗り換えたら、○○駅ですよね?」





プシューと、扉が閉まりかけます。



二海堂「そーなんや。そしたら、また、、、。」



と、走って降りるジャージ野郎。



帰り方分からんと、一緒に帰ろうとすんなや!



なんで、子守りせなあかんねん!


と、思った最後でした。


もちろん、走り去った後ろ姿以降は、、見ていません。



応援していただけると励みになります
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活ランキング

このページのトップヘ